インディアンジュエリー

歴史
ホピ族
ズニ族
ナバホ族
サント・ドミンゴ族



  ズニ族

 

 ズニ族のジュエリーの特徴

ニューメキシコ州西部に住む部族で、ターコイズ(トルコ石)などの天然石や貝殻、サンゴなどを細かく砕いて、

シルバーの土台にそれらを幾何学的にはめ込み模様を描くインレイ技法を得意としている。

シルバーよりも石などの天然素材が主役となるカラフルなアクセサリーが特徴で女性に人気もあります。  



 ズニの柄の意味と種類(意味はどの部族に対しても同じです)
 ハチドリ  
ハチドリは美しさ、愛の象徴です。

北部に住むインディアンの部族から はメッセンジャーであるといわれています。
 ターコイズ  
ターコイズは、災いを吸収し、幸運を呼び込むとされて、ネイティブアメリカンの

世界では大切に取扱われます。
 インレイワーク  
インレイワーク紋様は自然界を取り巻く模様、ネイティブアメリカンの

世界観を表現していてとても美しい。
 フェニックス  

死鳥とあると昔から言われています。
 ミッキー  
ズニ族のミッキーマウス・モチーフのペンダントです。

製作現地でも非常に人気が有り、なかなか手に入れることが出来ないといわれている。
 珊瑚  

珊瑚の赤がとても美しいリング。
 サンフェイス  
サンフェイスは太陽の神様で喜びと幸せの象徴。

ズニ族だと同じサンフェイスでも色鮮やかな仕上がりに。

注目サイト