インディアンジュエリー

歴史
ホピ族
ズニ族
ナバホ族
サント・ドミンゴ族
 ホピ族

 ホピ族のジュエリーの特徴


アリゾナ州北東部の半砂漠地帯に住む小部族で、アメリカ最古の部族ともいわれいます。ホピとは平和の人々という意味。

ホピ族のシルバージュエリーは、オーバーレイ技法という銀板2枚を重ねて模様を浮き立たせる技法と、インレイ技法という

天然石などを銀板の溝にはめ込み模様を表現する技法を得意としています。

動物・植物などへの自然崇拝心がとても強くて、複雑なデザイン性と伝統的な表現で男性からは特に人気が高い。
現代でも、ホピ族のインディアンジュエリーのデザインが男女問わずに人気を集めている。

 

 ホピの柄の意味と種類(意味はどの部族に対しても同じです)
    イーグル  
地球上の生き物の中で一番空を高く飛べる鳥、イーグルは神との交信

意味があり、インディアンの儀式で必ず登場します。
   ココペリ  
精霊ココペリは、縦笛を吹き鳴らしながら、雨雲と供に水を連れてやってきます。

水を潤す精霊として信じられています。
   サンフェイス  
サンフェイスは太陽の神様で、喜びと幸せの象徴を表しています。


   マン・イン・メイス  

ネイティブアメリカンの世界観を現すマン・イン・メイスです。
   タートル  

マザーアース(母なる大地)を意味するタートル(亀)といわれています。
   ベアー  

精悍なベアーは、強さと実り豊かな大自然の象徴を表しています。

Valuable information

屋形船を東京で探す

2017/8/3 更新